給油器の取り付けは工事が必要|専門業者に依頼をしよう

キッチン

少ない費用で豊富なお湯を

案内

値引き率が大きい業者で

給湯器は導入から10年ぐらい経過したら、そろそろ交換時期と言われています。古くなって故障した給湯器は部品が劣化しているため、修理しても別の部品が壊れたりすることが多く、結局は交換したほうが安くつく場合もあります。ガス給湯器は決して安い買い物ではなく、カタログを見ると20万円〜50万円程度の商品が主流です。しかし実際には、定価の5割〜8割引きぐらいで販売している業者も少なくありません。特に経営規模の大きな業者は、一括仕入れや大量の工事受注でコストを下げることができます。交換費用が安くても、アフターサービスがしっかりしている業者には人気があります。給湯器の交換を依頼する際には、まず見積りを取って比較検討しましょう。

性能の良い新製品も

ガス給湯器は新しい製品が次々に開発され、各メーカーから発売されています。昔に比べれば給湯量は多く、すぐにお湯が出るようになっていますし、同じ性能ならサイズは小さく、騒音も少ないのが特徴です。またガスの消費量が少ない省エネタイプや、浴室暖房が付いたタイプ、自動的に足し湯をしてくれるタイプなども普及してきました。技術の進歩に伴って、今後も新製品の開発が続いていくと考えられます。現在では高性能な製品は、それだけ価格も高いのが普通ですが、普及が進むにつれて購入しやすい値段になっていくでしょう。ランニングコストと交換費用、それに使い勝手の良さを比較して、最も適切な時期に給湯器の交換を考えることが大切です。